ユウキ式!Web開発「超」入門:このコースを学ぶメリット

Webエンジニアは色々な働き方ができるし、報酬的にも夢がある。

1.あなたはWebエンジニアを仕事にできる

  1. 会社に就職もしくは常駐してWebエンジニアとして働く。
  2. 個人事業・フリーランサーとしてWeb開発・運用の仕事を受託できる。
  3. 自らWebサービスを作り、サービスを個人や法人に提供することで収益を得る働き方
  4. 3の発展ですが、自ら開発運営するWebサービスを売却して収益を得る

2.働き方の自由度が高い

  1. 在宅勤務・リモートワークがしやすい。
  2. 仕事場所を選ばない。ノートPCとインターネット環境があればカフェや車中、キャンプ場や海辺でも仕事ができる。
  3. 好きな時間に仕事ができる。
  4. 外注しやすい。ピンポイントでお手伝いしてもらうのもリモートで!

3.何よりWebエンジニアは必要とされている

  1. 求人サイトを見てください。Webエンジニアの募集がIT系の求人の中で一番多い。
  2. アイデア次第で様々なWebサービスで役立つものが作れる。

4.始めやすい。ハードルが低い

  1. PCパソコンとインターネット環境が必要だが、Web開発で通常それほどハイスペックなPCは必要なく、インターネット環境も自宅に設置する場合でもポケットWifiでもワーキングスペースでも少ない費用ではじめることができる。
  2. 資格不要・年齢不問・学歴不問。
  3. 学習環境として、書籍、Udemy等の動画サービス、プログラミングスクールなどたくさんのスタイルがある。また諸先輩方がたくさんのサイトに投稿いただいているため、通常殆どの問題はググれば解決する。基礎は書籍やUdemyがおすすめ。

5.将来性

  1. 現在の様々な職種はAIに取って代わられると言われています。でも今の所AIは大したことはできません。そもそも、私達ITエンジニアがそれを牽引する役割なのです。
  2. 元手をほとんどかけず、スキルと経験を持って、ゼロから青天井の収益を得られる可能性のある職種です。 このような職種は他にあるでしょうか? 
  3. 日本の学校でやっとプログラミング学習が始まろうとしているところです。これからは当たり前のように共通言語になるかもしれません。
  4. 英語でコミニュケーションできなくても、プログラム言語では会話できます。彼の英語は聞き取れなくても、彼の書いたコードは読めるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です