iPadでプログラミングする!

以前、離島の旅館に宿泊した時にiPadでWEBサイトの編集ができずに困ったという記事を書きました。

その後、色々アプリを検証して、現在実践している内容を書こうと思います。

ちなみに、

iPadの使い方・活用方法という書籍や雑誌が出ていて結構読み漁っていますが、

イラストを書いたりなど、そっち系の活用方法がほとんどで、

プログラミングの話はほぼ出てこないですね^^;

今回やること

サーバー上のソースファイルを編集する
サーバー上のLinux、Webサーバの操作をする

という内容です。

PHPなどテキストファイルを直接編集して完了できるプログラムに最適です。

デプロイ、コンパイルが必要なプログラムは厳しいです。

その場合はお金がかかりますが別の奥の手を使います^^;
それは後述します。

例えば、私は Amazonデータを抽出してダウンロードできるサービスのサイトを運営していますが、

プログラム自体は、サーバー上にありますので、

何かプログラム修正が必要な場合には、そのサーバにあるプログラムファイルを書き換えてあげる必要があります。

パソコンでその作業をする場合には、通常、パソコン上にある原本のプログラムファイルをテキストエディタや統合開発環境(IDE)ツールにて修正して
さらに FTP ソフト などで、サーバーにファイルをアップロードします。

iPadだと何か大変なのか?

パソコンでやっていることをそのままiPadでやろうとする時、

障害となるのはアプリの種類です。

パソコンは様々なソフトが出ていますが、iPad(iOS)は、少ない印象です。

もちろん、今後もっと出てくると切望しています!

そこまでして なぜiPadでプログラム修正したいのか?

それはズバリ、持ち歩きの 軽さ です。

小さなノートPCでも、重量は1.2kgほどはあります。

iPad Pro + Bluetoothキーボードで700g程度なので、

肩掛けカバンの紐が肩に食い込む具合が全然違うのです(笑)

あとはコンパクトなので、狭いカフェのテーブルでの作業のしやすさや、側から見てもノートPCをいじっていると明らかにパソコンしてるなー感が出ますが、iPadを浅い角度で使っていると気づかれにくい感じです。

また最近では、大容量のポータブルバッテリーもお得に購入できますが、ノートPCを充電するほどの電力量はないですが、iPadなら充電可能です。

アプリ導入手順その1 AppStore で Coda を検索

アプリ導入手順その2 AppStore で Coda を購入

Coda の 使用方法

Codaのアイコンは以下赤囲みのものになりますのでクリックして起動します。

 

こちらがアイコンクリック後のCodaのTOP画面です。
登録した接続先の一覧画面になっています。

初期は何も登録されていないので、一覧には何も表示されていません。

リモート接続情報を追加する

それでは、リモート接続情報を追加していきましょう。
リモートとはつまり、レンタルサーバなどです。

画面右上の「+」ボタンを押すと「新規サイト」登録 or 「新規サイトグループ」登録の選択肢が表示されます。

グループというのはフォルダのようなものです。
プロジェクト毎にいくつか接続先がある、仕事のカテゴリなどで分けても良いですね。

グループを作成しなくても、サイトを登録すると先ほどのトップ画面に直接サイトが表示されます。
フォルダ分けをしなくても良い場合はグループ作成は不要です。

今回は作成してみます。「新規サイトグループ」をタップしてみます。
グループ名入力画面が出ますので、入力して右上の保存ボタンを押します。

すると、登録したグループがフォルダマークで一覧に表示されました。

作成した「テストグループ」をタップして中を見てみます。
当たり前ですが、まだ何もない状態です。

右上の「+」ボタンを押して「新規サイト」をタップします。
そうするとサイト名の入力画面が表示されます。

「テストグループ」の中に入ってから、新規サイトを追加しようとしているので、赤枠の部分が「テストグループ」が選択されている状態になっています。
他のグループの中に作成したい場合は、この「テストグループ」の部分をタップすると、別のグループも選べますし、グループ内に作成しない場合は「サイト」を選ぶとTOP画面に登録されます。

青枠のところにリモート接続先の名前 = 自分が分かりやすいもの を入力し、右上の完了ボタンを押すと登録されます。
これだけですと、ただリモート接続先の入れ物を作っただけですので、実際に接続先の情報を入れていきます。

上記画面画像の緑枠の葉っぱマークがありますが、これが先ほど名前入力のタブを表しています。
その隣の、地球マークが接続先の情報入力画面になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です